[マイページへログイン] [メールマガジン登録・解除はこちら]

 

5つのこだわり

5つのこだわり

なりたち

29歳で実家の畑に30坪のハウスを建ててトマトの試験栽培を始めました。その3年前に筑波科学博覧会でハイポニカトマトの実証試験を見たのがきっかけです。自信と不安を繰り返しながらも「何とかやれる」と自問し続け、3年間の試行錯誤で「ようやく商売として成り立つようになりました。

トマトへのまごころ

水耕栽培とは土を使わない栽培方法で、ロックウール栽培とも言います。マットに養分をしみこませることによって連作障害が発生しにくい環境をミニトマトに与えることができるのです。

消費者へのまごころ

雪深いこの地、青森県弘前市では寒い冬の間に虫などがリセットされるため害虫が少ないこと、また湿度が低いため病気(カビなど)の発生が少ないこと、この二つが農薬の使用の減少に繋がり、より安全なミニトマトを皆様にお届けることができます。

丹精込めて育てたトマトをじっくりと完熟させ、甘みが最高に達した状態で、加工を行います。自社で生産したトマトを農場の敷地内にある加工場にて、社員自らが加工を行います。

自然へのまごころ

ハウスの暖房は『廃タイヤボイラー』を利用しています。使用済みのタイヤを専用のボイラーで燃焼させ、その熱によって温められた温水がハウスに送りこまれるという仕組みになっています。

ページトップへ